司法書士 竹山信保のサイトへようこそ。あなたの各種お悩みを解決いたします。電話:042-479-7631、FAX:042-479-7629です。
司法書士 竹山信保のサイトへようこそ
司法書士 竹山信保サイトのトップページへ
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保についてです
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保の各種窓口案内です
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保での遺言書作成相談や遺産整理についてです
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保での相続手続きについてです
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保での成年後見制度についてです
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保での法人・商業登記設立についてです
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保での債務整理小額訴訟についてです
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保のその他の事柄についてです
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保のリンクです
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保
司法書士 竹山信保へようこそ
司法書士 竹山信保へのメールはこちらからどうぞ
司法書士 竹山信保のサイトへようこそ







実績と信頼の司法書士 竹山信保です
司法書士 竹山信保の「その他」のご案内です

夫婦間贈与(鴛鴦贈与)の勧め

  婚姻期間が20年以上である配偶者から、一定の居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与を受ける場合、それらの贈与にかかる贈与税の課税価格から2000万円を配偶者控除額として控除することができます(申告が必要です)。 年間の基礎控除110万円を含めると計2110万円を無税で贈与でき、長年の功に報いると同時に相続税の節税効果も期待できます。  

相続時清算課税制度

  65歳以上の親から20歳以上の推定相続人への生前贈与は、相続時精算課税制度を利用すれば、2500万円まで非課税となります。(相続時精算課税制度とは、生前贈与の受贈者が贈与時に贈与税を支払い、その後の相続時にその贈与財産と相続財産を合計した価格をもとにして相続税を計算する、そして相続税からすでに支払った贈与税を控除するという制度です。)

ただ、場合によってはデメリットが全くないわけではありません。事前の検討が必要となります。

※上記の鴛鴦贈与、相続時精算課税制度は、いずれも申告が必要となりますのでご注意ください。
 

財産分与

  権利行使期間が法律上、離婚の時から2年間となっております。この期間を経過すると、請求できなくなります。
財産分与の場合、以下のことが問題となります。

●金銭の場合、履行の確保をきちんと担保しておかないと、絵に描いた餅になってしまいます。
●不動産の場合、住宅ローンが残っている場合の処理が難しい場合があります。


特に、物件が夫婦の共有で、債務者は夫のみとなっている場合や、物件が親との共有になっている場合等、物件の所有者、ローンの債務者が誰であるかによって処理の仕方に困難な問題があります。
 


























トップページ  ご案内  各種窓口案内  遺言書作成相談・遺産相続  相続手続
成年後見  法人・商業登記設立  債務整理・小額訴訟  その他  リンク  E-Mail

司法書士 竹山信保   
TEL: 042−479−7631
FAX: 042−479−7629